RECOMMEND
サラエボの花 [DVD]
サラエボの花 [DVD] (JUGEMレビュー »)

ボスニア紛争期、異民族を排除する民族浄化の名のもとレイプさせられた母とその子供の物語。その向き合っていく過程を描いている。
当事者のみならず、子供にまで刻まれたその痛みは計り知れず、その痛みは今も続いているだろう…
RECOMMEND
在日朝鮮人の歴史と文化
在日朝鮮人の歴史と文化 (JUGEMレビュー »)
朴 鐘鳴
留学同の指定図書。
在日朝鮮人形成史がわかりやすくまとまっている。
RECOMMEND
だれにも故郷(コヒャン)はあるものだ―在日朝鮮人とわたし
だれにも故郷(コヒャン)はあるものだ―在日朝鮮人とわたし (JUGEMレビュー »)
徐 勝
獄中19年徐勝氏の最新本。

本書は、雑誌「イオ」に連載されたコラムも収められており、それらはいずれもコンパクトでわかりやすく、本質を突いている。
コラム他、「私の歩いていてきた道」、「日本における朝鮮人はどういう存在か」など近年の対談や論考も収められている。
RECOMMEND
われ生きたり
われ生きたり (JUGEMレビュー »)
金 嬉老
「抵抗暴力をいかに考えるか」この議題は確かに重要だが、彼の「生」を追う上でその話だけに終始してしまうと惜しい気がしてならない。
本書は、民族差別を訴え暴力団員2名を射殺した金嬉老の独占手記である。彼によって語られるかくも重き肉声に私たちは何を考えるか…。
RECOMMEND
AMANDLA アマンドラ ! 希望の歌
AMANDLA アマンドラ ! 希望の歌 (JUGEMレビュー »)

南アフリカにおける反アパルトヘイト運動についてのドキュメンタリー。
一般大衆までも広く突き動かした「歌」を通した非暴力運動はわたしたち在日朝鮮人運動においても学ぶことがあるのではないだろうか。
「アマンドラ!」「力を!」
RECOMMEND
新編いのち燃えつきるとも―ある青春の遺稿集 (1975年)
新編いのち燃えつきるとも―ある青春の遺稿集 (1975年) (JUGEMレビュー »)
山村 政明
日本国籍所持者、梁政明。
彼は、被害者の痛みと加害者の罪をもろともに背負って無実の自己を処刑する。
果たして彼の死は何を意味した/するのであろうか。

階級問題的視点でも考えなければならないだろう。
RECOMMEND
朝鮮人戦時労働動員
朝鮮人戦時労働動員 (JUGEMレビュー »)
山田 昭次,古庄 正,樋口 雄一
本のタイトルに「強制」の単語が入っていないことに疑問点は残る。
しかし、本著は朝鮮人戦時強制労働動員について、その調査の歴史や、未払い金などの戦後補償、近年の研究の成果がほとんど収められている。オススメの一冊。
RECOMMEND
光州5・18 コレクターズ・エディション [DVD]
光州5・18 コレクターズ・エディション [DVD] (JUGEMレビュー »)

恋愛中心に描かれがちな所に批判は集中しているようだ。
だが、記憶に残るような演出や構成であったことは評価したい。
光州5.18を経験した生存者は極僅か存在するが、彼らによると「こんなものではなかった」らしい。
光州の記憶を私たちはいかに引き継げるか…
RECOMMEND
RECOMMEND
半難民の位置から―戦後責任論争と在日朝鮮人
半難民の位置から―戦後責任論争と在日朝鮮人 (JUGEMレビュー »)
徐 京植
著者は、1952年のサンフランシスコ講和条約以降、一方的に「国民」から追放され「難民」になった在日朝鮮人は、無権利状態は強いられてきたけれども、不断に生存権を脅かされる状態におかれているといえないことから、繊細に概念を用い、在日朝鮮人を「半難民」と位置付けている。
昨今の分断を助長する諸言説に反論する論説もあり、「分断を生きる」と同等レベルのオススメ本。
RECOMMEND
分断を生きる―「在日」を超えて
分断を生きる―「在日」を超えて (JUGEMレビュー »)
徐 京植
本書は氏のいくつかの文章でまとめられており、はじめのアウシュビッツをめぐる話は少々難しいかもしれない。
しかし「民族再考ノート」では在日朝鮮人とはどういう存在なのかという問いに応えてくれる。
ぜひ読んでもらいたい一冊です。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

♪ リュハットン兵庫's blog ♪

2017年振り返り‐サマーキャンプ
0

    アンニョンハシムニカ!

     

    今日の更新は夏のサマーキャンプについて!

    2回生の支部委員が書いてくれました!

     

    あんにょんはしんみか!!( ´∀)

    今回は夏休みの8/1214にあった、在日コリアン大学生サマーキャンプ
    (通称マダン)について書きたいと思います(*^^*)

    マダンでは様々な企画が用意されていて、兵庫の学生たちも楽しんできたので、少し紹介していきまーーす٩( 'ω' )و


    まず1日目のお昼は班別ウォークラリーから!
    学年も本部もバラバラのメンバーが集まった班に分かれて、ウォークラリーをしました^ ^
    問題を一緒に考えたりしながら、初対面のメンバーとも仲良くなれました〜!(*^▽^*)

     

    ↑ウォークラリーの様子

    そして、夜には班別でリアル鬼ごっこ
    &推理バトルψ(∇´)ψ
    鬼から逃げる班の代表2人と部屋にのこった残りのメンバーとでホテルに隠された9
    つの文字を一緒に探し、推理していくゲームです!!
    LINEで代表と残りのメンバーがやりとりをするのですが、リアルタイムで鬼に追いかけられる音、叫び声が聞こえてくるので、スリル満点でした(>人<;)

     

    ↑推理組の様子

    そして、2日目のお昼には学年・本部別の運動モイム
    ٩( 'ω' )و!!!学年別の大綱引きや、しっぽとり、朝鮮相撲、障害物リレー、大縄跳びなどで、とっても盛り上がりましたよ
    朝鮮相撲では2
    回生のトンムが出場!
    みんな応援で大盛り上がりでした
    (*^^*)

     

       

    そしてそして、今回のマダンではなんと学生演劇2
    本立て!!!(`・´)

    1つは留学同九州、もう1つは私たち留学同兵庫が担当しました!!!!


    まず、留学同九州の演劇「
    걸음」は、日本学校出身の学生と朝鮮学校出身の学生が留学同で出会い、お互いの葛藤や衝突を通して成長していく物語でした。ストーリーも共感しやすく、留学同九州のメンバーの演技力もとても高くて、みんな話にのめりこんでしまいました。
    そのあとに演劇をする留学同兵庫としては大きなプレッシャーとなったのでした、、笑笑。


    そして、兵庫の演劇「手紙」ですが、まずストーリーを少し説明すると、、

    日本学校出身の女の子が家で見つけた、朝鮮にいる母の兄からの手紙。その内容を留学同の先輩に読んでもらう。家族からはお金をせびる内容だと聞いていたが、実は母の兄が危篤状態になっているという内容だった。それを祖母に話すと、祖母は自分の息子が朝鮮に帰国した経緯を話し始める、、。


    練習期間も少なく、不安でいっぱいでしたが、本番はみんなが今までで一番いい演技をして、無事に終わることができました!!
    練習も忙しい中で大変でしたが、この演劇を通して留学同兵庫のメンバー同士も仲良くなり、みんなそれぞれ役柄を演じる中で感じるもの、学んだものも多かったように思います。
    これをこれからの留学同活動に活かしていきたいと思います(*^▽^*)

     



    以上で、今年のマダンの報告でした〜〜( ´∀)

     

    | 全国・地方単位のイベント | 09:57 | - | - | - | - |
    留学同兵庫結成50周年記念祝賀宴開催!(ブログ更新再開!)
    0

      2018년 새해를 열렬히 축하드립니다!

      2017年度初の更新となってしまいました。ミアナムニダ。
      今年度も実は色んな活動を行っています。
      今日から連続で怒涛の更新により振り返ってみたいと思います!
      まずは2017年7月22日に行われた『留学同兵庫結成50周年記念祝賀宴』について振り返りたいと思います!
      実は、留学同兵庫の結成は1967年9月5日、つまり2017年は結成50周年にあたる年でした。
      1967年9月5日に組織された「在日本朝鮮留学生同盟兵庫地方本部結成大会」を契機に、大阪地方本部下の一つの支部から単独の地方本部として結成された後、留学同兵庫が歩んできた50年の日々は、厳しい風が絶え間なく吹きつける異国の地でも祖国の海外留学生としての誇りを胸に、愛族愛国の道をまっすぐに歩んできた素晴らしい日々でした。
      そんな50周年を向かえるにあたり、7月に祝賀宴を開催したのです。
      まず、第一部は東京で活躍されている留学同(京都)出身の弁護士から『在日朝鮮人、留学同卒弁護士として』のテーマで講演をしていただきました。
      ↑第一部講演の様子
      第二部が祝賀宴ということで、各年代の卒業生を紹介したり、現役の活動報告をしたり、卒業生による文化公演を行いました。
      このブログでもおなじみ、神戸大学発達科学部出身の某若手卒業生などによる公演は大盛り上がり!
      会場がチュムパンに包まれました。
      ↑会場は大盛り上がり!
      また、50年間の写真や歴代の機関誌『パラム』も展示し楽しいひと時となりました。
      そして、この日に合わせ、卒業生や現役生から寄稿を集め記念文集を発刊いたしました!
      50周年記念タオルも作成、収益金は朝鮮学校に贈る予定です!
      ↑タオルは残り8枚です!ご協力くださる方は留学同兵庫まで!

      ここで、改めて留学同兵庫結成とその発展のために全ての力を注ぎ、朝鮮人としての生に心焦がし、愛族愛国の道をまっすぐ歩んでこられた全ての卒業生、また、いつも留学同兵庫のために物心両面から支えてくださる総聯兵庫県本部をはじめとした各機関、同胞のみなさんに深い謝意を表します。

       

      留学同兵庫はこれからも祖国の発展と民族の宿願である自主的平和統一、在日朝鮮人の権利擁護に貢献すると同時に、同胞学生一人ひとりの朝鮮人としての堂々とした人生のために活動を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

       

      | 兵庫単位のイベント | 17:26 | - | - | - | - |
      2016年度卒業生歓送会&機関誌パラム紹介
      0

        アンニョンハシムニカ!

        去る3月19日、留学同兵庫では第30回大会が行われ、その後に2016年度卒業生歓送会が行われました。

         

        卒業生歓送会ではジェスチャーゲームを行い盛り上がりました!

        また下級生から卒業生へ手紙や卒業生の公演、下級生へ残す言葉では卒業生が号泣。会場が涙に包まれました。

         

        ↑ジェスチャーゲームの一コマ

         

        ↑卒業生が歌を披露しました!

         

        ↑下級生から卒業生へ向けた手紙。号泣する卒業生も。

         

        ↑下級生から色んな贈り物を準備しました!

         

        ↑集合写真☆

         

        卒業生のみんな、改めてチュッカハムニダ!

         

         

        さて、留学同兵庫では年4回、機関誌「パラム」を発刊しています。

        今年もこの卒業生歓送会に合わせてパラムを発刊しました。

         

         

        その中で3人の卒業生が「私と留学同」というテーマで文章を書いています。

        その一部を紹介します。

         

        留学同の場は在日朝鮮人運動そして統一運動の一つの場であるということであった。朝鮮民族や在日朝鮮人の歩んできた歴史を考えた時、国を奪われたことから本当に多くのものを奪われてきた。生命も、人としての尊厳も、自主権も、言葉も、名前も、、、そして日本社会において今なお続く差別や抑圧、偏見は植民地主義や同化政策が今でも続いていることを表している。さらに、解放後には祖国が二つに分断し、同じ朝鮮民族同士で銃を突き合うようになってしまった。この悲劇を前にして、在日朝鮮人の中でも分断し、政治的立場を問われるようになった。日本社会の中で在日朝鮮人として生きることの困難さは、アメリカや日本によるものである。この現実を前にして、自分はどう生きるのか、葛藤しないはずがなかった。しかし、歴史を知れば知るほど、この問題に向き合えば向き合うほど、答えは自ずと見えてきた。一つは在日朝鮮人のために生きること、それが日本社会を変える力となり、差別や抑圧、偏見のない在日朝鮮人が在日朝鮮人として当たり前に生きることのできる社会へと変えることになると思う。そしてもう一つは朝鮮民族のために生きること、分断を克服し朝鮮半島が統一するその日のために、統一を志向して統一運動をすることである。これは、祖国が統一すれば、在日朝鮮人にとっても真の解放を迎えることを意味しているといえ、在日朝鮮人のために生きることでもあるといえる。在日朝鮮人学生である私たちが在日朝鮮人運動、統一運動をできる場がまさしく留学同の場であると思う。そこには、朝鮮半島にルーツを持っているが、民族に触れることができなかったり、自らの出自を否定的に捉えて苦しんでいたり、民族との出会いを欲していたり、そのような様々な学生たちに民族に触れる機会を用意したり、一人で悩み葛藤するのではなく、共に考え解決していくことができたりと、留学同だからこそできることがあり、本当に貴重な場であると思う。(中略)留学同の活動を通して私は、朝鮮人である自分自身と出会い直した。

         

         

         

        「間違っていることには、間違っていると立ち向かう」という姿勢を留学同で学びました。私の一つの行動で、現状が変わるわけでもないし、領事館が変わってくれるわけでもない、そんな厳しい状況だからこそ、一人ひとりの行動、言動、立ち向かう姿勢が大事であり、私たちの日常の「それくらいいいや」という妥協の積み重ねが、実はこの厳しい現状を助長しているのではないか、それを正してくれるのが留学同ではないかと、私は思います。(中略)間違いなく留学同をしていなかったら、このおかしな現状に気付かずに過ごし、間違ったことに対して対抗することなく生きていたと言う事です。(中略)これからも自分なりに活動を続けていこうと思っています。

         

        留学同を通して学んだ卒業生たちがこれからも朝鮮人として堂々と歩んでいくこと、そして一人でも多くの在日同胞が同じく朝鮮人として堂々と生きる社会のために在日朝鮮人運動の道の上を引き続き歩んでいくことを信じてやみません。

         

        조국인민의 부름에 호응하며

        조선사람으로서의 길을 함께 선택하길.

        졸업생앞길에 영광이 있으라!

        | 兵庫単位のイベント | 20:13 | - | - | - | - |
        留学同兵庫新成人祝賀会2017開催!
        0

          アンニョンハシムニカ!

           

          去る1月28日に留学同兵庫新成人祝賀会が行われました!

          兵庫史上(おそらく)最もオシャレな会場で行われた今回の成人式。

          多くの学生が参加しワイワイとした雰囲気の中で楽しい時間を過ごしました(^^)

          新成人紹介からはじまり様々なゲーム企画で盛り上がりました!
          最初の企画は利きビールゲーム!新成人を対象にビールを当てるというものです。
          発泡酒やノンアルコールビール、ちょっと高いビールなどがありましたがまだまだお酒に慣れていない新成人のみんなは中々違いが分からず…ほろ苦い結果となりました。(ビールだけに)
          次に二人羽織を行いました!
          ヨーグルトの早食いに挑戦し一回生が気合の優勝でした〜
          また、箱の中身あてゲームも行いました!
          普段部活でどっしり構えている学生もビクビクしながら手を入れていました〜
          今回この成人式のために11月から実行委員会を組み準備を進めてきました。
          実行委員を務めた関西学院大学4年生の感想を紹介します。
          1/28に留学同兵庫成人式がありました。私は成人式実行委員と共に、新成人・そして参加してくれる同盟員に楽しい成人式と感じてもらえるように、企画を考えたり計画を練りました。当日は和やかな雰囲気でした。初めて会う学生がいたり、初めてチョゴリを着る学生がいたりと、この成人式・留学同を通じて新たな出会いや発見をしてくれたらいいなと感じました。
          また、新成人として参加した関西学院大学1年生の感想を紹介します。
          成人式に参加させて頂きましたが、改めて同胞社会の温かさや大切さを実感しました。私は日本の大学に通っているので、留学同に属しています。留学同を代表し、皆さんの前で抱負を述べる機会を与えて頂きました。少し緊張しましたが、日本の大学に通いながらも自身の存在を再確認出来る場を大勢の前で紹介出来てとても良かったですし、いい経験になりました。これからも本業である学業に励みつつ、留学同活動も活発に行いたいと思います。
          また今回、日本学校出身の新成人が先輩からチョゴリを借りて参加しました。その学生の感想を最後に紹介します!
          新成人として、留学同の成人式イベントに参加させていただきました。私は日本学校出身ということもあり、自分のチョゴリを持っていませんでしたが、いつもよくしてくださるオンニたちが貸してくださり、着付けもしてくださりました。素敵な伝統衣装に身を包んでイベントに参加できたのは本当に嬉しかったです。参加者の皆は初めて会う人が多く緊張しましたが、フレンドリーに話しかけてくれて楽しめました。イベント中にはたくさんのゲームが用意されていて、参加するのも見ているのも面白かったです。また、新成人として皆の前で抱負を語ったのは恥ずかしかったですが、宣言通りこれから生きていこうとモチベーションが上がりました。景品もたくさん頂き、たくさんの方にお祝いして頂けて光栄でした。これからも留学同で出会った仲間たちを大切にしていきたいと思いました。ありがとうございました。
          以上、本当に意義深い場になったかと思います。
          改めて成人を迎えたみんな、チュッカハンムニダ〜!
          | 兵庫単位のイベント | 19:27 | - | - | - | - |
          冬のコリアン学生FESTA
          0

            12月17、18日にかけて東京で留学同の全国行事「冬のコリアン学生FESTA」が行われました!

             

            17日は「コリアン学生Challengeフォーラム」を行いました。

            コンセプトの一つは〈Challenge精神〉ということで、論文や在日朝鮮人運動企画書、文学作品、ビジネスプラン、チョゴリデザイン、美術作品の募集を事前に行い、当日にプレゼン発表と表彰が行われました。

            兵庫でもみんなで一つの美術作品を作り上げました!

             

             

             

            過去10年間の留学同兵庫の写真を2500枚貼り合わせ、一つの大きな写真(今年のマダンの文化公演の写真)をつくりました!

            何度も集まって切っては貼り切っては貼りを繰り返しました。作業中も写真を見ながら話が弾み楽しかったです。

            3000円の商品券をゲット!

             

            またもう一つ、〈Career upの場〉をテーマに留学同卒業生をはじめとしたさまざまな分野で活躍する方々に講師を務めていただき各種セミナーを行いました。

             

            Challengeフォーラムに参加した一回生の感想をお届けします!

             

            今回参加してみて凄くためになる事が多かったです。
            特に就職活動や同胞社会において自分たちの世代が将来を担うために何を行っていくべきかを考えさせられました。

             

            また、二日目は朝鮮大学校にて朝大生と一緒に「在日同胞学生統一フォーラム」を行いました。

            若い世代から統一問題を考えつべく留学同による演劇、留学同と朝大学生によるパネルディスカッション、グループディスカッション、祖国統一をテーマに募集した論文・企画書の発表、共同宣言文発表、大合唱を行いました!

             

             

            そしてその後は全国の留学同で宴会〈宴2016〜留学同オールスターズ〜〉を行いました!

            兵庫の学生も司会を務め、130人の宴会を超大盛り上がり!楽しいひと時となりました!

             

             

            今回、はじめて留学同の全国行事に参加した兵庫の一回生が全体を通した感想を述べてくれました。

             

            今回のFESTAで、初めて留学同の全国行事に参加しました。私は日本学校出身で、朝鮮学校出身の子たちが多い中で、みんなについて行けるかとても不安でした。それに、ウリマルもまだ全然わからないし、ウリナラの歴史も詳しく知りません。でも、もっと歴史を知りたいし、自分と同じ、韓国・朝鮮にルーツのある学生ともっと関わりたいと思い、このFESTAに参加することにしました。1日目は講演やセミナーを聞きましたが、どの講演も"在日コリアンだからこそ、社会に向けてできること"について話されていて、自分が将来どんな風に働いて生きていくかについて、考えるきっかけになりました。
            2日目は朝鮮大学校に行きましたが、こんな世界があるんだ、とかなり衝撃を受けました。今までずっと日本学校に通っていたので、誰かが前で話すときも、学生同士が話しているときもウリマルで話すことが多い環境にとても驚きました。でも、自分にルーツのある国の言葉をたくさん使っていることをとても羨ましく思ったし、私ももっとウリマルを勉強しよう!という気持ちになりました。それと、論文の発表会やパネルディスカッションを聞いて、自分が全く知らなかったウリナラの歴史や在日コリアンの現状を、私と同じ年代の学生さんが前に出て発表しているのを見て、発表を聞くことでとても勉強になったし、もっと学習会などに参加したりして、歴史などについて知っていかないといけないと思いました。最後に、このFESTAを通して在日の友だちや先輩がたくさんできてとても嬉しかったです。自分と同じ日本学校出身の子や朝鮮学校出身の友だちや先輩は、普段生活している中ではなかなか話す機会が無い、自分のルーツのこと、イルムのことを真剣に話せるし、優しくて面白い人たちばっかりで、これからももっと仲良くなりたいなあと思いました。
            本当にいい機会を与えてくれたこのFESTAに参加できて、とてもよかったです。

             

            一回生がよかったと言ってくれるのは本当にうれしいですね\(^o^)/

             

            今年ももうすぐ終わりですがまだモイムがあります!ますます盛り上げていきますね〜♪

            | 全国・地方単位のイベント | 10:28 | - | - | - | - |
            夏のあれこれ
            0

              またしても更新が滞ってしまいましたね。ミアナムニダ。

               

              去る7月23日(土)に三ノ宮・リトル上海にて、留学同兵庫卒業生会2016年度総会が開催されました。当日は1966年度入学の卒業生から今年卒業したばかりの卒業生まで、実に幅広い世代の卒業生の方々が計55人もお集まりいただきました。

               

              第一部では財政報告や会則の変更が伝えられた後、新たな役員が選出されました。また第二部では留学同の活動紹介や各年代の卒業生紹介、簡単な公演が行われ、とても楽しい時間を過ごすことができました。

               

              今回の総会に参加した現役学生(関西学院大学3年生)の声をご紹介いたします。

               

              多くの方々とお話しさせていただくことができました。大先輩の方々が学生の頃の留学同活動や、関学出身の方と朝文研のお話を聞かせていただき、これからの留学同活動の参考や意欲に繋がりました。今回は現役生が私一人だけの参加でしたが、次またこのような機会があった時は、他の現役学生も参加すればいい刺激をもらえていい交流ができるのではないかと思いました。コマプスムニダ!

               

              留学同兵庫は来年、結成50周年を迎えます。記念の年を大きな成果と共に迎えるために邁進してまいりますので、変わらぬご支援・ご助言をよろしくお願いいたします。

              改めまして今回お集まりいただいた卒業生のみなさん、本当にコマプスムニダ!

               

               

              また、8月12日(金)から14日(日)にかけて兵庫県ハチ高原にて夏のコリアン学生キャンプ マダン2016〜ポラム!チャン!マダン!〜が開催されました。全国から昨年を超える194人の学生が集まりました。文化公演や劇団トル「在日バイタルチェック」上演、運動モイム、民族料理体験、ウォークラリー、ウリマル雄弁大会などなど、充実した3日間を過ごしました。留学同兵庫からは17人の学生が参加しました。

               

              全国から在日同胞学生が集まり在日朝鮮人ならではの悩みや葛藤、経験を共有し共に真剣に語り合う姿、また思いっきり楽しむ姿はは見ていてとても気持ちがいいですね。兵庫の学生も1年生から4年生まで最初はギクシャクしていましたが終わるころにはかなり仲良くなり結束が強まりました。後期の活動に、在日朝鮮人運動につなげていきます!

               

                

              | - | 16:36 | - | - | - | - |
              本部新歓開催!!
              0

                アンニョンハシムニカ!更新がかなり滞ってしまいました。ミアナムニダ。

                このブログ、卒業生の方々にも見ていただいているようで、今後はしっかり更新したいと思います。

                チャル プタットゥリムニダ。

                 

                さて、もう1か月前になってしまいましたが、5月21日に本部新入生歓迎会が行われました!

                今年は例年と違い、オシャレなパーティースペースで行おう!ということで準備してきました。

                その結果、なんと45人も集まりました!内新入生は23人!初めてくる、久しぶりに来る上回生もたくさんいました!

                 

                 

                本当に多くの学生が来てくれて、支部委員はてんやわんや;;

                嬉しい悲鳴ですね〜

                 

                ↑ランジャンパンの様子…

                 

                今年は支部新歓、本部新歓合わせて62人もの学生と会うことができました!

                久しぶりに来た上回生が多いのも特徴ではないでしょうか!

                今後も一人でも多くの同胞学生が集まれるよう頑張ります!!

                 

                今回の行事のために卒業生から多くのカンパを頂きました。

                ここでお礼申し上げます。

                本当にコマプスムニダ!!

                | 兵庫単位のイベント | 11:23 | - | - | - | - |
                支部新歓開催!
                0
                  4月25日、26日に関学支部、神大支部の新入生歓迎会が行われました!

                  まずは25日の関学支部新歓!
                  関学支部は夙川駅より東にある大学が対象です!



                  なんと新入生13人を含む33人もの学生が集まりました!
                  支部委員もそれぞれ留学同紹介、マダン紹介、熊本地震の義援金募集、本部新歓紹介を行いました。
                  多くの新入生が来てくれただけでなく、初めて留学同行事に参加するという3回生がいるなど、上回生もたくさん来てくれました!
                  楽しいひと時となったようです!

                  そして翌日には神大支部新歓!
                  神大支部は夙川駅より西にある大学が対象です!



                  新入生が10人来てくれました!
                  上回生が少なく少し心配しましたがみんな新入生をよく見てあげ、終始和やかな雰囲気でした!
                  (新入生が帰ったあと、上回生が「新入生楽しんでくれたかな〜話すのって難しいな〜」と言っているのを見て私は「ああ、いつの間にかみんな先輩になったな〜」としみじみしていました。)

                  新入生からは
                  参加する前は正直不安だらけでしたが、参加してみて楽しく過ごせてよかったです!久しぶりの在日同胞の集まりだったんで、とても楽しかったです!
                  といった声が聞けました!

                  留学同兵庫では5月21日に本部新歓を行います!
                  例年とは違いオシャレなパーティー会場で行います!
                  また、抽選会の特賞はなんと5000円分の商品券!!
                  3人で来ると割引、久しぶりに来るとさらに割引になります!
                  現在実行委員会を組んで準備をしています!お楽しみに!!(^o^)/
                  | 兵庫単位のイベント | 16:10 | - | - | - | - |
                  大阪朝高補助金裁判に行ってきました。
                  0
                    4月25日には大阪朝高の無償化裁判第19回口頭弁論がありました。
                    今回は被告側の証人尋問でした。
                    今回は関学支部4年生、法律を専攻しているチハと傍聴に行ってきました。



                    チハが今回の口頭弁論についてレポートを書いてくれました。

                    4月25日(月)の13時半から、大阪地方裁判所で行われた、大阪朝鮮学園に対する補助金不支給問題の裁判を傍聴してきました。
                    今回の裁判では前回4月19日(火)に行われた原告側証人尋問に続き、被告側証人尋問が行われました。
                    証人として大阪府から2名、大阪市から1名の補助金支給・不支給の決定に携わった方々が証言台に立ちました。
                    裁判の流れとしては、証人一人につき、被告側からの主尋問、その後に原告側からの反対尋問という中で、それぞれの主張をぶつけるというものでした。
                    まず私がすごく違和感を感じたのは、被告側の証人からの「報道」という単語の登場とその回数の多さでした。その報道という単語がなにを指すのか、原告代理人が問うと、産経新聞であるとの回答でした。傍聴席が騒つくのを感じました。支給・不支給の決定の意思決定の過程において、産経新聞の報道内容が根拠の一要因になってるとは、驚きを通り越して呆れに近いなんともいえない気持ちになりました。
                    そして、大阪府の補助金支給の条件として提示された、いわゆる4要件の中の肖像画の問題や、特定の政治団体と一線を画す、がなにを意味するのか、そこに共和国(裁判では北朝鮮という文言でした)、総連が含まれるのか、学校活動の範囲はどこまでなのか等々、多くのことが裁判の中のやり取りで話されました。
                    印象としてはやはり、朝鮮学校に通う子どもたちの学ぶ権利が侵害されているのにも関わらず、政治的な問題との関連を強調して、大阪府や大阪市の判断を正当化しようとする行政側の態度が、一貫して続いてると思いました。
                    また、被告側の証人たちの反対尋問に対する対応から、補助金不支給の決定への杜撰さが伺えました。
                    朝鮮学校に通う生徒たち、そして学校関係者や保護者の方々にとって、補助金支給・不支給の決定とは、とても大きな問題であるにも関わらず、そのような杜撰さの伺える決定によって、公権力によって踏みにじられている在日朝鮮人の権利や歴史というものは計り知れないと思いました。
                    裁判後の報告会では、弁護士の先生方より報告をいただけるのですが、反対尋問での質問事項を綿密に練って、今回の裁判に挑まれたとのお話もありました。
                    弁護士の先生方をはじめ、裁判支援をされている多くの方々のご尽力があってこそ裁判が成り立っているのだと改めて実感しました。
                    大学生である私たちにも、裁判傍聴に行くことや、この問題について考えることなど、できることがたくさんあると思います。
                    今回の私の感想を通して、少しでもこの問題について考えるきっかけになればいいなと思います。


                    無償化裁判でも言えることですが、被告側が繰り返してきた「後付け」「こじつけ」のような論法、産経新聞を証拠として提出することのおかしさが露呈してきているのではないでしょうか。
                    私自身も大阪朝高出身なのでこの問題には大きな関心があります。
                    ただ、大阪朝高出身かどうかに関わらず関心を持って取り組みたいところ。

                    裁判の詳細は「朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪」のHPでも確認することができます。
                    http://www.renrakukai-o.net/index.html

                    次回の口頭弁論は8月9日です。
                    傍聴席を埋めることも法律を学んでいなくても出来る裁判支援の一つです。
                    是非かけつけましょう。
                    | その他 | 15:34 | - | - | - | - |
                    KSフレッシュセミナー実行委員会!
                    0
                      アンニョンハシムニカ!更新が滞ってしまいました。
                      一週間の出来事を更新していきます!

                      4月23日にはKSのフレッシュセミナー実行委員会がありました!
                      KSとは「KS医療・福祉ネット」といい、留学同の中でも医療福祉系の学生の集まりです。
                      春には新入生歓迎会、夏には一泊二日のフレッシュセミナー、秋には学術報告会、冬には卒業生歓送会をはじめ、学校保健に関わったり各行事での医療活動のお手伝いなど様々な活動を行っています。

                      今年のフレッシュセミナーは例年よりもたくさん人を集めようと東西別れての開催となります!
                      今回は一回目の実行委員会なので全国からKSの学生、医協(在日本朝鮮人医学協会)の先生が集まりフレセミの方向性を決めました。
                      兵庫からは薬学部に通う新入生チャンジュンが参加しました。

                      まだ新入生なので新歓やフレセミに行ったことがなく、会議は難しそうでしたが、その後の交流会で他地方の先輩や薬剤師の先生と話せたのがとてもよかったみたいです!

                      〜チャンジュンの感想〜
                      入学してかなり不安でしたが、先輩方や薬剤師の先生にたくさんの事を教えてもらってとっても為になりました!

                      今後もKSでは新歓、フレセミの成功に向け定期的に会議を行います!

                      | KS・医療福祉ネット | 14:08 | - | - | - | - |